18の巨乳女子大生を性欲処理にしてた小学時代

小4の時、市民プールに行った。
プールで遊んでいると前にいたガキがいきなりジャンプして僕の鼻にヒット!
鼻血が出てきたので医務室に行った。そこでバイトの姉ちゃんが手当てしてくれた。
これはあとで知ったのだが彼女は18の大学生だった。
鼻に綿を詰めてもらっている時、彼女は水着姿で彼女の巨乳は大きな谷間を作っていた。
これには驚き他の物に目をやったが勃起してしまっていた。





彼女はなにを考えたのか僕の性器に手をやり、握り締めた。
「ヌードなったろか~」と言い僕は興奮してただただ彼女を見てるしかなかった。
彼女は水着を脱ぎ、小4の僕には大きすぎる乳房が現れた。
そのまま、下の方まで脱ぎ陰毛も丸見え、いやマンコも見えていた。
僕をベッドに寝かすと騎乗位ですぐに挿入してきた。「アンアン」
言って僕の大きくない性器で感じていたのか、巨乳がすぐ目前でブルンブルン揺れているのと、
彼女のマンコの締め付けで僕は射精はないがイッた。
彼女は僕が先にイッため少しすねていたみたいだが、僕の顔にまたがり大陰唇から小陰唇、
クリトリスとマンコ全体を舐めさせられた。
ビクビクとすると彼女がイッたのか「はー気持ち良かった」と言い満足げだった。
話によると「最近、彼氏と別れてたまってた」と言っていた。
どういうことか、当時はわからなかったが二年ほど前理解した。
実は近くに住んでいた人で小学校卒業くらいまで性欲の処理をしてもらってた。
射精出来るようになるともうさせてくれなくなっていった。
男関係の多い人だったらしく、最期は妊娠をして家を出て行ったそうです。
しかし、忘れもしないあの夏1994年8月20日、僕はオナニーですでに射精ができる体になっていることを知りながら
眞子姉ちゃんとセックスをして中出しをした。
少し怒ったようで悲しそうな顔をしながらその日は帰って行った。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。