エッチな言葉を言いながら鏡を見ながらのオナニー

エッチビデオも好きだけど、

私が一番スキなのは鏡を見ながらのオナニー。

鏡に映った自分の姿に、

エッチな言葉を言いながら、

少しずつ洋服を脱いで鏡の前でするの。

「ともちんのこと今からいっぱい気持ちよくしてあげるからね。」

と言いながら、鏡に映る自分にキス。



舌を出して激しくキスしているのを見ていると、

本当にもう一人の自分とエッチしてるみたい。

「ともちん、何処が気持ちいいの?」

「おっぱい・・・おっぱい気持ちよくして欲しい。」

ゆっくりとシャツを脱いでブラジャーの上から優しく揉んであげる。

「どう?気持ちいい?」「うん・・・気持ちいいよ。」

もう一人の私が話しかける。

「ほら・・・ともちん・・・おま〇こが寂しがってるわよ。」

そういいながら、自分で下着の上から上下に擦りだす。

「あぁぁん・・・・ダメ・・・気持ちよくなっちゃう。」

ブラを捲り乳首を露出させる。鏡に乳首をあてて擦ってあげると、

鏡のヒヤっとした冷たさに乳首がキューンと硬くなる。

「いやらしい・・・こんなに乳首たてちゃって。」

そして鏡によく映るように、両脚を広げておま〇こをうつす。

「よく見える?ともちん、わたしのおま〇こ・・・・いっぱい見て。」

片方の手で硬くなった乳首をグリグリさせながら、

もう片方の手でパンティーの上からクリちゃんを弄る。

「はぁん・・・硬くなってるぅ。」

鏡にジワジワと濡れてシミになっていくのが分かるんです。

わぁ~いやらしいって思いながらも、

「ほら、こんなに濡れてる。」

それからパンティーを片足だけ外して、あそこを見るとぐっちょり濡れて光ってるのが分かる。

「指入れてかき混ぜてごらん。」

指を一本ずつゆっくり出し入れすると、

クチュクチュエッチな音がする。

ゆっくり出し入れしているだけで、

どんどん感じて濡れてきちゃう。

それから鏡に映る自分におねだりしてバイブを使うの。

バイブは最近新しく買ったピストン運動するバイブ。

ゆっくりピストンしながら、どんどんスピードを早めて、自分でも腰を激しく動かすと、

もう頭の中が真っ白になりそうなぐらい気持ちよくなって

「あぁぁ・・・ん・・・イクッ・・・イクッ・・・いっちゃう。」

ウインウイン動いているバイブに、

私の体までピクピクしちゃって、

ぐっちょり濡れたおま〇こにバイブを眺めながら後は余韻に浸るだけ。

本当にもう一人自分がいたら、

一緒に気持ちよくなれるのになぁ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。