同じクラスのブスな女子を性処理係にして色んなとこでエッチw

高校2年のとき、文化祭実行委員になり、同じクラスの女子の文化祭実行委員のトモミさんと連日、放課後残って準備をしていました。

トモミさんは、鼻は、上向きで、ブタぽい鼻だし、歯茎は、凄く出てるし、目は細く、本当にブスでした。

だから、トモミさんは、全然エロいとは、初めは、思ってませんでした。

連日残って準備しながら、色々話しているうちに、エッチな話になりました。

『片岡くんって、彼女いるの?』

『今はいないよ。』

『前は、彼女いたってことは、エッチしたことあるんだぁ?』

僕は、エッチは、体験済みだったけど、嘘をつきました。



『前は、彼女いたけど、キスまでしか出来なかったから、エッチは、まだしたことないよ。トモミさんは、彼氏いるの?』

『いるよ!バイト先の年上の彼氏がいるんだぁ。』

『じゃあ、トモミさんはエッチしてるんだぁ?』

『まぁね。彼氏は、年上だから、デートのたびに必ずエッチは、しちゃうね(笑)』

『いいなぁ。俺も早くエッチしたいよ!』

『エッチって気持ちいいよ!片岡くん、1人エッチばかりしてるんだぁ?』

『そうだよ!毎日オナニーばかりだよ(笑)』

トモミさんは、胸を張るように強調して

『片岡くん、私、おっぱい大きいんだよ!』

僕は、トモミさんは、太っているだけと思っていたら、ウエストに手を置いて、胸を強調してるトモミさんをよく見ると、ウエストは、細く、おっぱいは、Fカップくらいの巨乳でした。

『トモミさんって、巨乳なんだぁ、知らなかった』

『Fカップあるんだから!彼氏って、おっぱい大好きで、揉んでばかりなんだよ(笑)、片岡くん、おっぱい触ったことある?』

僕は、エッチ体験済みだから、もちろんあるけど、嘘を、また、つきました。

『ないよ、キスしたことしかないし!』

『片岡くん、おっぱい触ってみたい?』

面白いからからかってみようと思い

『触ってみたいね。トモミさん、触らしてくれるの?』

『どうしようかなぁ(笑) 』

トモミさんは、ブスのくせに上から目線で、焦らしてきたので、僕は、頭にきて、

トモミさんの後ろに回り込み、後ろから、トモミさんのFカップの、おっぱいを制服のジャケットの上から揉みました。

トモミさんの、おっぱいは、予想より大きく、ソフトボールよりも大きい巨乳でした。

『片岡くん、エッチ!』

『トモミさんが誘ってきたからからじゃん!いいだろ。減るもんじゃないし。』

『私が、悪かったから、分かった。乱暴に揉まないでね。』

『じゃあ、ブラジャーの上から揉ませて!』

トモミさんに頷くと、制服のジャケットを脱ぎ、Yシャツのボタンを外し、パンクと赤のストライプのブラジャーを見せました。

ブラジャーから、今にでも、はみ出そうなくらいのおっぱいを僕は、両手で、揉みました。

『片岡くん、初めて、おっぱい揉んでどう?』

『メチャメチャ柔らかいね。』

僕は、物足りなくなり、

『トモミさん、生でおっぱい触らせてよ!触るだけで揉まないからさ!』

『やっぱし、言うと思った。男だったら、我慢できないよね。彼氏も我慢できないからなぁ。』

トモミさんは、やれやれって感じの上から目線で、ブラジャーを脱いで、巨乳を露出しました。

乳首は、薄ピンクで、垂れてなく、巨乳ってよりは、爆乳で、エロすぎでした。

『片岡くん、絶対、揉んじゃダメだよ!』

僕は、トモミさんの乳首を指の間に挟むように、両手で、触りました。

『片岡くん、興奮してきたりして(笑)気持ちいい?』

ブスのトモミさんにバカにされてるので、本当に頭にきて、僕は、トモミさんのおっぱいを揉みはじめました。

『片岡くん、約束守ってよ!』

僕は、片手でトモミさんの生おっぱいを揉みながら、片方の手で、携帯を取りだし、写真を撮りました。

『トモミさんの巨乳撮っちゃった!これ、みんなに送られたくなかったら、言うこと聞いた方がいいよ!』

『えっ・・・分かった。どうしたらいいの?』

放課後の教室では、誰かにバレそうだから、僕の家に連れて行きました。

部屋に入ると僕は、トモミさんをベットの上に座らせ、『トモミさん、脚を大きく開いてパンティみせて!』

トモミさんは、言われた通り、膝を立てて脚を大きく開き、ピンクと赤のストライプのパンティを見せました。

ブスなトモミさんだけど、太腿は白くて、ストライプのパンティが、とても、エロすぎでした。

『次は、おっぱい見せてよ!』

トモミさんは、Yシャツを脱ぎ、ブラジャーのホックを外して巨乳のおっぱいを見せました。

僕は、トモミさんに近づき、片手で生おっぱいを揉み、片方のおっぱいの薄ピンクの乳首を舐めました。

『トモミさんって、メチャメチャエッチな身体だよなぁ。彼氏と最後にエッチしたのは、いつ?』

『あっ・・・先週の・・・日曜・・・』トモミさんは、感じながら答えていました。

『どこで、何回エッチしたの?』

『車の・・・なかで・・・2回・・・あっ・・・』

『フェラとか、パイズリは?』

『両方・・・したよ・・・』

『彼氏と同じことして!』

『分かった・・・片岡くん横になって・・・』

僕は、ベットに横になると、トモミさんは、僕の制服のズボンとパンツを脱がして、オチンチンの先に唾を垂らして、いきなり喰わえてきました。

ゆっくりとしたストロークのフェラでした。

オチンチンが大きくなると、トモミさんは、おっぱいを肘で押さえるようにしながら、巨乳でオチンチンを挟んで、身体全体を使うように、上下に動かしてきました。

『片岡くん、気持ちいい?』

『うん。毎回パイズリしてるんだぁ?』

『毎回、絶対にさせられる。』

トモミさんは、パイズリしながら、オチンチンの先を舐めてきました。

『トモミさん、それはヤバイよ!イッちゃう。 』

僕は、あまりにも、気持ちよくて、トモミさんの舐めてる顔に射精してしまいました。

『彼氏も顔に出しちゃうから、大丈夫だよ!』

トモミさんは、もう、終わりだと思っていたようでした。

でも、僕は、トモミさんの制服のスカートの中に手を入れて、パンティの上からオマンコを愛撫しました。

『片岡くん。まだするの?』

トモミさんを仰向きに寝かせ、パンティの上から集中的にオマンコを愛撫しながら、トモミさんには、オチンチンをまた、喰わえさせた。

次第にトモミさんのパンティが濡れてきて、トモミさんは、喘ぎはじめました。

僕は、トモミさんに腰を浮かして、パンティを脱がして直接、オマンコを愛撫して、中に指を入れて指を動かすと、トモミさんの身体がピクピクして、

『あぁ・・・気持ちいい・・・片岡くん、オチンチン入れてほしい。』

『彼氏とは、コンドーム付けてしてるの?』

トモミさんは、喘ぎながら、首を横に振った

『生で、最後は外出ししてるの?』

『うん・・・外に出してくれるなら、生でいいよ・・・』

ブスなトモミさんが、こんなエッチをしてるなんて、エロすぎでした。

トモミさんは、制服のスカートは、履いたまま巨乳を露出し、白い脚を開いてオマンコを丸出しの体勢でした。

僕は、トモミさんのオマンコにオチンチンを生で入れました。

『片岡くんの ・・・大きくて・・・気持ちいい』

トモミさんのオマンコは、締まりがしっかりしていて、気持ち良すぎて、あまりオチンチンを速く動かすと、すぐにイキそうなので、ゆっくり、腰を動かしました。

おっぱいを舐めながら腰を動かしていると、トモミさんの足元がピクピクしだし、オマンコがさらに、きつくなってきました。

『片岡くん・・・私イッちゃった・・・』

僕もヤバくなってきたので、オマンコから、オチンチンを抜き、トモミさんの口に持っていきました。

『トモミさん早く口で喰わえて!』

トモミさんは、僕のオチンチンを素早く喰わえると、オチンチンをシゴいてくれました。

『トモミさん、出すよ!』

僕は、トモミさんの口の中に出しました。射精が最後の一滴まで、出すまで、トモミさんの頭を押さえてました。

出し終わると、トモミさんの口から、オチンチンを抜き、

『トモミさん、俺の精子飲んでくれるよね!』

トモミさんは、仕方なく、僕の精子を飲みました。

『私、精子飲むの初めて。苦いね。片岡くんとのエッチの方が、彼氏より気持ち良かった。』

『じゃあ、トモミさん、 もう1回しよ!』

『えっ、片岡くん、もう2回出してるのに、まだ出せるの?彼氏は2回も出したら、無理なのに!片岡くんって、凄いね!』

僕は、、トモミさんの顔の前に、萎んだオチンチンを突きだし

『トモミさん、舐めてオチンチン大きくして!』

トモミさんは、萎んだオチンチンを口に含み、口の中で舌でオチンチンをくすぐるように舐めました。

僕は、手を伸ばして、トモミさんの巨乳を触り、乳首を円を描くように撫でました。

オチンチンが少し大きくなったら、

『トモミさんのオマンコ舐めてあげるよ!』

トモミさんを寝かせ、頭と足が交互になるような体勢になって、僕は、トモミさんのオマンコを舐めました。

トモミさんは、僕のオチンチンの先を舐めたり、手でシゴいたりししてくれました。

『片岡くん・・・気持ちいい・・・オマンコ舐められたの・・・初めてだよ。 』

トモミさんのオマンコは、汁で濡れてきました。

さらにトモミさんのクリトリスを舌でコロコロすると、

『片岡くん、早く・・・』

『なあに?トモミさん、何が欲しいの?』

『あっ・・・片岡くん・・・のオチンチン欲しい! 』

『どこに入れて欲しいの?トモミさんハッキリ言ってよ! 』

『私・・・の・・・オマンコに・・・片岡くんの・・・オチンチンいっぱい・・・入れて欲しい・・・』

僕は、トモミさんを立たせ、勉強机に両手をつかせて、お尻を突き出させた。

突き出したお尻を持ち、僕のオチンチンをトモミさんのオマンコに入れた。

僕は、腰を振り突きながら、後ろからトモミさんの巨乳を揉みました。

『片岡くん・・・気持ち良すぎて・・・・立ってられないよ・・・』

『ちゃんと立ってないと、トモミさんのオマンコの中に出しちゃうよ!』

『中はダメ・・・わかった・・・気持ちいい! 』

僕は、携帯を取りだし、トモミさんが後ろから突かれてる姿を連写しました。

『あっ・・・写真は、ダメ・・・片岡くんやめて!』

『やめないよ。これからは、トモミさんは、俺の言うこと聞かなくちゃならなくなるんだから!』

『わかったよ・・・片岡くんのエッチの相手するから・・・誰かにも、見せないで・・・ダメ、イッちゃう・・・』

トモミさんは、足をガクガクしはじめました。そして、勉強机におもっきり寄りかかりました。

『片岡くん、私、もう、イッちゃった・・・』

僕は、トモミさんのオマンコを味わうように、お尻を叩きながら、まだまだオチンチンで突きまくりました。

『片岡くん・・・まだ、イカないの。私、ヤバくなってるよ・・・』

僕も限界になって、オチンチンをオマンコから抜きました。

『トモミさん、どこに出して欲しい?』

『えっ・・・』

もう、出ちゃうので、トモミさんのブスな顔に、おもっきり精子を出しました。

『男性って、エッチなDVDの見すぎだから、顔にだしたいんだね!』

『まぁね。明日からトモミさん言うこと聞くんだよね?エッチしてるとき、約束したよね。』

『わかったから、写真誰かにも見せないでね。』

この日からトモミさんは、僕の性処理の相手になり、学校のトイレでフェラさせたり、屋上で、エッチしたりしました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。