今では母親の方から毎晩俺の部屋にやってきて・・

俺は(18)のフリーター母親と二人暮し、親父は九州に単身赴任中、母親(41)は近くのスーパーで働いている。
そんな母親と犯ったのは先月のことだ、土方のバイトが終わり、
家に帰るとクーラーもつけず、暑い、暑いと母親がキャミソール一枚で、
団扇をあおいでリビングでテレビを見ながら休んでいた。
俺もビールを持って近くに座ると、
「あっ、おかえり暑いねぇ~ふぅ」とバタバタいわせてる。
薄いブルーのキャミの下はノーブラで乳首まではっきり見えた。



「下着くらいつけろよ!」俺がそう言うと、母親は
「えぇ~、だって暑いんだもん、、ハッ、、あんたなに見てんのよ」
「乳首全開じゃねぇかよ」団扇をあおぐたび揺れる母親の
巨乳に俺の息子は、元気になってしまった。
「別にいいわよ、息子なんだから」俺は膝立ちになって
「俺も一応おとこなんだぜ、子供じゃないんだぜ」というと
母親は俺の股間に目を向け
「いやだぁ、あんた、お母さんで大きくしちゃったの?」
とからかわれたので、「ウルセェッ」と言って襲いかかり
母親を丸裸にし、俺も服を脱ぎ目の前に仁王立ちした。
向き直った母親は、
「なにし・・・えっ?・・何?・・なんなのよそれっ!!」
いきり立った、俺の20センチ砲を凝視しかたまった。
俺はビンタをかまし、一気に母親に襲い掛かった。
激しく抵抗し俺の顔にビンタをしたが、往復ビンタを見舞って、床に羽交い絞めした。なおも抵抗しようとするので、
腕をねじり上げ大人しくするように言うと、
「イ、、イタイ、、やめてタケシ、、大人しくするから」
俺は、息子を握らせ、ディープキスをしながら、あそこに
指をつっこんだ。
母親は、鼻を鳴らし身をよじらせ始めた。
次に、フェラをさせると上目遣いで俺を見ながらしゃぶり
「じゅっ、じゅるっ、じゅっ、、げっ、ゲホッ」と咳き込んだ。
「何だ、続けろよ、奥まで飲み込めよ」
「こんなおっきいの、苦しくて半分も入んないよォ」
仕方なく俺は、母親をソファに放り投げ、ひっくり返し
足を開いて暫くクンニをした後、指を突っ込みあそこを
かきまわした。母親は、狂ったように乱れ二度逝った。
指を抜き、ぐったりした母親の両足を持ち上げ、息子を
あてがうと、俺の下腹にてをあて、
「あっ、、だめっ、タケシ、、それはダメッ、、」
俺は構わず母親の手を払いのけ、一気に押し込んだ、
「ああぁっ、ダメェェ~~~」
根元まで入れて動きを止め見下ろすと苦しそうに
「ハッ、、ハッ、ハアァ~ッ、だめだよぉ~タケシィ~
ヤ、、ヤバいよォ~、マズイよォ~ねぇ、おねがい、
ぬいてェ」
「もうおせェ~よ」と、俺は腰をうごかした。
「も、もぅ動いちゃだめェ~変になちゃうよォ~」
俺は絶頂感を感じ始め、「んん~いきそうだぁっ」
「ああぁっ、中はダメッ、中はだめよぉ~~」
そんな言葉は、耳に入らず俺は溜まったモノを全部中に
吐き出した。息子を抜くとドロドロと精子が流れ出した。
泣きながらティッシュで股間を拭う母親にまた欲望がわいてきて襲い掛かった、結局4回母親を犯し続け毎日ヤッテいる
今では、母親の方が毎晩俺の部屋にやってくる。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。