ネットで知り合った人妻との中出しセックスが止まらないw

某チャットで知り合った孝子(仮名)と先日会った。
会う前からノーパンで買い物やバイブでオナニーとかいろいろ命令して忠実に聞いてくれていたので孝子にMっ気があるのはわかっていた。
当日は中間地点である静岡で会う約束をした。
その際にノーパンで来ることを命令していた。
孝子に会いノーパンを確認するとそこはすでに濡れていた。
俺は用意したリモコンバイブを駅のトイレで付けさせた。
静岡の市内を散歩しながら人とすれ違う度にスイッチを入れて反応を楽しんだ。
時折「うう・・」と声が聞こえたがおかまいなしにスイッチを入れ続けた。
俺も孝子も限界が来たのでホテルに入った。

ドアを開けてすぐに俺の大きくなってる物をしゃぶらせた。
おいしそうに舐める孝子、そのまま壁に手をつき立ったままバックから挿入した。
孝子のお○んこはぐちょぐちょになっていた。
ここでイってしまってはまずいと思い一旦抜いて部屋に行った。
お互い服を脱ぎ風呂に入った。
そこで以前からの要望の剃毛をする事にした。
まずは孝子に
「お○んこの毛を剃って下さい」
と言わせ湯船に座らせツルツルに剃り上げた。
このお○んこに入れる事を思うとそれだけで俺の物は硬くなった。
ベットに移り手足を縛った。
身動き出来なくされるのも孝子の要望の一つだった。
動けない孝子に
「思う存分孝子のお○んこをいじって下さい」
と言わせた。






指でツルツルのお○んこを広げ、一番感じるクリを擦った。
何回か擦ってると孝子はイッてしまった。
次は指を中に入れて激しくピストンした。
ぐちゅぐちゅと音が響き渡った。
動けない孝子の腰がもぞもぞ動く、とたんに指は締め付けられ、またイッたようだ。
会う前に「何回もイッてもらうと」宣言していたので用意したバイブを使った。
大きめのバイブがすっぽり入った。
スイッチを強にして何回も何回もいかせた。
孝子はもうぐったりしていたがおかまいなしに続けた。
俺も我慢の限界が来たのでバイブを抜いて挿入した。
中は暖かくすごい濡れようだった。
20分程楽しんで射精したくなったので最初の一発目は顔にかけた。
これも孝子の要望だった。
顔中べっとりと精液だらけになった。
ここで俺は中に出せる確信をした。



そのままの状態で今度はアナルに入れようと思い愛液を塗り込んだ。
アナル用バイブをゆっくり入れて広げて行った。
アナルは初めてらしく痛がっていたが次第に
「ああ~」
と声が出始めた。
俺の物を口に持って行きしゃぶらせた。
次第に硬くなったのでアナルからバイブを抜き俺自身初体験のアナルに挿入した。
最初はなかなか入らなかったが頭が入ったらあとは簡単に根本まで入った。
締め付けがすごい、ピストンを開始した。
孝子は相変わらず
「ああ~うう~」
と感じているようだ。
もっと感じさせようとお○んこにバイブを挿入した。
その途端
「あああ~いい~イッちゃう~」
と絶叫した、俺は孝子に
「何回イッたんだ?言ってごらん」
と言ったが返事はなかった。

バイブを抜きアナルから俺の物も抜き孝子を自由にさせ後向きにさせ固定した。
バックからお○んこに挿入した。
アナルバイブも挿入した。
「このままイクぞ」と宣言した。
孝子は
「中に出して下さい」
と言ってきた。
心の中でガッツポーズをしながらピストンを続けた。
バックがいいのか孝子は何回も
「いい~」
を繰り返しながらイッてしまっている様子だった。
俺もイキたくなったのでラストスパートし孝子の中に大量の精子をぶちまけた。
いつも以上にドクドクと長い射精感を感じた。
ゆっくりと抜いてお○んこを見ると精子が逆流して太股を伝わり垂れてきた。

旦那と同じ血液型なので少し安心してたばこに火を付けた。
孝子はぐったりしたまま動かない。
余韻を楽しんでいる様子だった。
帰りの時間がせまっていたのでまた会う約束して静岡駅まで送っていった。
もちろん帰りもノーパンで、こんな激しいHは久しぶりだったので帰り道に思い出してまた大きくなってしまった。
今度会ったら浣腸やろうそくもしたいなと。
まだまだこの関係を続けて行くつもりです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。