合コン帰りの酔っぱらい姉ちゃんが・・エッチな話

僕は高1、姉ちゃんは25才。

両親が知り合いの家に飲みに行って留守の時、部屋でエロ本を見ながらオナニーしていると、合コンに行った姉ちゃんが帰ってきた。
意外に早かったので、相手がハズレだったんだなと思いながら気にせずオナニーを続けていた。
すると突然ノックもなしに姉ちゃんが部屋に入ってきた。
慌てて隠したがシッカリと見られたようで、「コーちゃーん・・・?オナニーしてたのぉーー邪魔しちゃったかなぁーー」と、かなり酔っていた。

「気にしないで続けてぇー」

そう言われても姉ちゃんが横に座ってジッと見られて出来るはずもなく・・・。



姉「ん?しないのぉーーガマンは体に毒よぉー」

僕「いいから出てってよ」

姉「そんな冷たくしないでぇー」

何を言っても酔って聞こうとしない。

姉「じゃあ、姉ちゃんがシコシコしたげようかぁ??」

僕「い、いいよ・・・」

姉「遠慮しないのぉー・・・ほら出しなさい」

姉ちゃんは無理やり僕の手をどけると、勃起しているチンチンを握って触り始めた。

「すごぉーい・・・結構立派じゃない・・・」

僕も最初は嫌がってたが、姉ちゃんに触られると自分でするより何倍も気持ち良くて、抵抗しなくなっていた。

「あ・・・ガマン汁出てきた・・・気持ちいいでしょ?コウジのチンチンすごくカチカチになってるょ」

姉ちゃんは出てきた汁を、指で先っぽに塗るように撫でながらゆっくりシゴいてくる。

僕「あっ・・・あっ・・・ハァハァハァ・・・」

姉「すごい・・・いっぱい出てくる・・・先っぽ気持ちいいんでしょ」

指で先っぽを摘んで上下に擦られて汁がどんどん溢れてくる。

僕「あっ・・・あっ・・・姉ちゃん・・・先っぽ・・・熱いよ・・・」

姉「コウジの感じてる声ってカワイイね・・・もっとしちゃお」

姉ちゃんはチンチンの先っぽにツバを垂らすと、手で包んで擦りながらシゴいてくる。

僕「あぁっ・・・姉ちゃんダメ・・・先っぽ溶けるー」

姉「まだよ・・・これからなんだから」

姉ちゃんはヌルヌルになった僕のチンチンを咥え、シゴキながら先っぽを舐め回してくる。

僕「姉ちゃん・・・もうダメ・・・出ちゃう・・・」

姉「ウフフ・・・いいよ・・・いっぱい出して」

僕「あぁっ・・・イクーッ」

姉ちゃんに舐められながら射精した。
姉ちゃんは、飛び散った精液を舌ですくい取って全部飲み込んだ。

「すごい量・・・こんなに出したのにまだカチカチじゃない・・・」

姉ちゃんは僕の横に並んで座ると、「もう一回したげるからコウジも触って」と、シャツを捲ってオッパイを出し、僕に触らせながらチンチンをシゴく。

オッパイを揉んでいるとパンツも脱いで・・・。

「ここも触って・・・」

姉ちゃんのオマンコを触ったらヌルッとしていて、指を入れて動かすと姉ちゃんも激しくシゴいてくる。

姉「ハァハァ・・・コウジ・・・気持ちいいょ・・・」

僕「姉ちゃん・・・僕も・・・ハァハァ・・・」

姉「コウジ・・・したい?」

僕「えっ」

姉「姉ちゃんのオマンコに入れてみたい?」

僕「入れたいけど・・・」

姉「ちゃんと外で射精するんなら入れてもいいよ」

僕「そんな事・・・出来るかどうか・・・」

姉「じゃあ姉ちゃんがしてあげるから、イキそうになったら教えて」

僕「うん・・・」

姉ちゃんは座っている僕の上に跨がり、チンチンをオマンコに差し込み体を動かし始めた。

僕「あぁーっ・・・姉ちゃんのオマンコ・・・すごい気持ちいいー」

姉「コウジのチンチンもいいよ・・・アッ・・・アッ・・・すごい感じる・・・」

姉ちゃんは、僕を見ながら腰を激しく上下に動かしてくる。

「ダメーッ・・・姉ちゃんイキそう」

姉ちゃんはサッとチンチンを抜くと、キスしながら手でシゴいてくれた。
すごい勢いで精液が噴き出して、ベッドの上に飛び散った。

姉ちゃんはティッシュで精液を拭き取ると、もう一度僕にキスして・・・。

「気持ち良かったよ・・・またしてあげるね」

そう言って部屋を出て行った。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。