バイト帰りの妹と・・エッチな話

あれは年末の押し迫った金曜日の夜だった。
何時もならとっくに帰って来ている妹が、その日は帰りが遅く、バイトの帰りに何所か遊びに行ったのかと思って、俺は風呂に入った。
大体毎日ほぼ決まった時間に入浴する俺は、その日もほぼ同じ時間に入浴していた時だった。
原チャリのエンジン音が家の前で止まったのを確認した俺は、妹が帰って来たのだと分かった。
妹は高校卒業後、就職氷河期の煽りを受け志望会社から内定を取り消され、已む無く就職活動をしながら近所のガソリンスタンドでバイトをする事になった。
せっかく商業高校を卒業して経理関係の仕事に就きたかったのにと、その願いも虚しく唯一見つかったのがスタンドのバイト…。



俺は直ぐに辞めると思っていたが、負けん気の強い妹は俺の気持ちを知ってか、毎日ちゃんと出掛け、商業高校卒業で経理が得意とバイト先が知るや、妹はスタンドの経理を、バイトを初めて3ヶ月で任され、結局一年後には社員として昇格してしまい、一応経理の仕事もするからとそのままスタンドの正社員になってしまった。
給料もバイト時代からかなり増えたらしく、へたすりゃ俺の方が給料安いんじゃないかと…。
そんな妹がご帰宅…日付が変わる頃の入浴は近所の物音が良く聞こえる為、妹の行動が目に見える様に分かる。エンジンが止まるとスタンドを下ろす。
「カタッ」と言う音が聞こえ、キーを抜く音と同時に家のカギを探す音…。
そして鍵穴に差し込み回すと「カチャッ」と家の中に響き、「ガチャッ」とドアの開く音…。
そのまま「カチャン」と閉まる音が聞こえ、ヘルメットを下駄箱の上に置いた音が聞こえると、妹が靴を脱ぎ上がった時の足音が微かに聞こえる。
そのまま脱衣所兼洗面所の扉が開閉し、蛇口を捻り水音が聞こえ「ガラガラ」とウガイをする音が聞こえる。
そして衣類の擦れる音が忙しなく聞こえ暫し、その音が聞こえ無くなると、「お兄ちゃん入るよっ!」と言う声と同時に浴室の扉がガラっと開く…「えっ!」裸の妹が片手で胸を隠す様にしてもう片手で「ほらっ!スペース開けて!寒いんだから!」と言いながらシッシッと手を振る。その突然な行動に言われるまま俺は浴槽の中で、体育座りをしてスペースを開けた。そこに背中を向けた妹が同じ様な格好で浸かる…。
「あ゛~暖かい~♪」パシャパシャと湯に浸かっていない肩の辺りに手杓で湯を掛けながら、幸せそうに言う妹に俺は「お~い、由梨さぁ~ん」と声を掛けてみた。「ん?な~に?」首を少し捻って呆気らかんと返事をする妹に、「な~に?じゃなくてさぁ何入ってんの?」と、ちょっときつめに言うと「いいじゃん!寒かったんだよ!雪降ってる中の原チャリ、めっちゃ寒いんだから!」と予想だにしない答えが返って来た。



「えっ!?雪!」俺は驚いてザパッと立ち上がると、浴室の窓を少し開け外を見た。
「マジっすかっ!」外は何時の間に降りだしたのか、かなりの大粒の雪が降っていて、地面も白く積り始めていた。「ヤダぁーお兄ちゃん!寒いから早く閉めてよー!
それで座ってよ~お湯が減って寒いんだからぁー」と不平不満たらたらだった…。
俺は素直に再び体育座りで湯に浸かった。
「どうりで物静かな訳だ」と誰に言うでもなく、大きな独り言の様な事を言うと「って言うか、お兄ちゃん何時まで入ってるの?」と、今度は冷ややかな言葉が投げかけられて来た…「なっ!俺だってさっき入ったばかりで、もう少し温まりたいんだよっ!さっきは早く座れって言ったくせに何だよっ!」
「え~マジでぇ~そもそも何でこんな時間に入ってるのぉ~?信じらんな~い」キィーッ!
「俺は何時も位の時間に入ってるよっ!由梨の帰りが遅いのが悪いだろ!遊んでたんだろ?」
と皮肉っぽく言うと「んな訳ないじゃん!私がスタンドの制服のまま遊び行く訳ないでしょ!」
と言われ、確かにそうだなと…妹は何時もスタンドの作業着?のまま通勤しているので、そのまま帰宅せずに出掛けるなんて事は余程の事が無い限り有り得なかった。
「んじゃ何で遅いんだよ~」と、もう小学生レベルの口ゲンカっぽくなっていた…(笑)
「それがさぁ~聞いてよー」と、突然身体の向きを90度変え、俺の顔が見える体勢になった。
けど隠す所はちゃんと隠していた…「今日の売上計算どーしても1,000円合わないの…、
足りないのよ~何度数え直しても、何度計算し直しても丁度1,000円足りないの…。
でね、お金数えてる時に気付いたんだけど、新券…ピン札の事ね…の千円札が混ざってて、
もしかしたらお釣りを二枚重なってるのに気が付かなくて余分に渡したんじゃないかなと…」
隠す所をちゃんと隠しながら、手を使ってジェスチャー混じりに力説する妹に、
「んな素人じゃあるまいし…」と最後まで言う前に言葉を遮る様に、
「それが居るのよっ!一週間前に入ったばかりのバイトの高校生くんがっ!」
「そんなバイトくんに金触らせるのが悪いだろ~」「そうなんだけど、今日に限って、
メチャクチャ混んでて、バイトくんには暫く一人でお金のやり取りはさせない様に、
店長とも話してたんだけど、どうにもお客さん待たせ過ぎるから仕方なく今日だけは、
一人でやらせちゃったんだよねぇ…まぁほぼ間違いなくバイトくんが犯人なんだろうけど、
それを責める訳にもいかないから今日のところは店長が自腹切る事に…店長嘆いてたなぁ…。
俺の昼飯代が一日分減っちまったって…」「ふ~ん、それで遅くなったって訳か…」
「そうです…」再び俺に背中を向けて「はぁ~疲れた…」とガックリ肩を落とすと、
「足、伸ばしたいだけど…」とつぶやくように言われ、そう言われたら俺は湯船から出るか、
足を広げ妹を後ろから抱っこする様な体勢にならなければならなかった。


そんな事を考えていたら「お兄ちゃん足広げてよ」と妹から指示してきた。
それに素直に答え足を広げ伸ばすと、その間に妹が入り込んで足を伸ばした。
「あ~やっぱ足伸ばさないと辛いわぁ~」と、両手両足を精一杯伸ばして、
やっとリラックス出来た感じだった。その時、当然妹の背中は俺の腹部に密着するわけで、
特に下半身のブラブラフニャフニャしたモノが、妹の腰辺りに押し付けられてしまい、
刺激を受けるので、危険なので俺も出来る限り腰を引いて刺激を与えられない様にした。
すると大分リラックスしたのか、まるで俺がソファーの背もたれかの様に寄りかかって来た。
「あ~お兄ちゃん暖かぁ~い♪」そう言う妹の身体は全然温まっていなかったので、
そっと包み込むように両腕を首下辺りに回し「こうするともっと暖かいだろ?」
と耳元で囁く様に言うと「うん♪」と素直に頷いた。『素直でいれば可愛いのに…』
と心の中で呟くと、その声が聞こえたのかグイグイと背中を押し付けて「もっと暖めてぇ~」
と言ってきた。俺は焦った!おいおい!由梨さんや、そんなに背中を押しつけられたら、
マイ・ジュニアが起きてしまうでわないかっ!いや、きっと分かってやってるなっ!
絶対、自分の腰にフニャフニャしたモノが当っているのは分かっている筈だから、
コイツ絶対ワザとだ!と思ったので「コラッ!そんなにグイグイされたら感じてまうやろっ!」
「あっ、やっぱり!♪」と首を後ろに仰け反る様に人の顔を見上げながら、悪戯っぽく微笑む妹の顔を見た瞬間、ジュニアが反応してしまった!
ムクムクと長さと硬度を増すジュニアが妹の腰から背中にかけ密着した。
「あ~♪」物凄く嬉しそうな顔で俺を見上げる小悪魔がいた。
こうなったらと俺は、「えいっ!由梨にもしてやるっ!」そう言って俺は妹のオッパイを鷲掴む様に揉み始めた。
「キャッ!いや~ん、お兄ちゃんのエッチぃ~♪」と、とても嬉しそうだ…。
ひょっとして妹はされたくてワザと俺に刺激を与えたのかと、その時は正直分からなかった…。
【後で問い詰めたらワザとであった事を白状した…】俺は由梨のオッパイを堪能するべく、ゆっくりと大きな動きでマッサージをする様に揉んで言った。
「由梨のオッパイ柔らかくて気持ちいいなぁ♪それに大きいし♪」「あ~ん♪エッチ~」
『エッチ~』の言葉には『もっと~』の意味も含まれているのか、俺が揉めば揉むほど、
「は~ん、お兄ちゃんのエッチ…あんっ…エッチ…ダメ…あ~ん♪」と決して、『もっとして』とは恥ずかしくて言えないのか、この時はひたすらエッチを連呼していた。
俺も段々調子に乗って来て乳首を摘まんだり転がしたり執拗にオッパイを攻めていた。
ふと由梨の手を見ると何時の間にか自分の股にある事に気が付いた。
どうやら俺にオッパイを揉ませオナニーを始めていたようだ。


そこで俺は一旦揉むのを止めて由梨の身体の向きを変えようと手を離した。
すると切なそうな顔で俺を見上げてくるので「由梨の身体の向きを変えるだけだよ」
と優しく言いながら俺に対して90度向きを変えお互いの性器を右手で触れる様な体勢にした。
そして俺は右手で由梨のマンコに、由梨の右手で俺のチンポを握らせた。
空いた左手は由梨の左肩から垂らす様に伸ばし、じっくりとオッパイを揉んだ。
同時にオッパイとマンコを刺激された由梨は気持ち良さそうな表情でウットリとしていた。
そんな顔を見ていたら思わず唇に吸いついてしまっていた。
唇が触れた瞬間由梨は、小さくビクッとしたが、直ぐに舌を絡ませ吸いついてきた。
兄妹が互いの性器を刺激し合う、そんな光景ほど淫らな物はないなと思う反面、近親相姦の背徳感もあったが、
この今まで味わったことの無い興奮は一度体験してしまうともう後戻り出来ないのだと、この時は微塵にも感じなかった。
いったいどの位刺激し合っていたのだろうか、俺は由梨のマンコを味わいたくて「由梨の舐めたい」と言うと「じゃ、一緒に…」と言われ、俺達は湯から上がり洗い場のバスマットの上に俺が下になる形の69を始めた。
この時初めて由梨の股間を間直で見たが、素直に綺麗な割れ目だと思った。
後で知ったがこの時の経験人数は5人(俺で6人目)で回数で言うと100回程と言っていたが、とてもそんなに経験している割れ目には見えなかった。
処女って言われても分からない程、ピンク色で綺麗なモノだった。それを舌先で軽くなぞり徐々に吸いつく様にクンニをした。
由梨も俺のモノを優しく時には激しくフェラしてくれた。
俺は特にクリトリスを集中して、しつこく攻めたのだが、それが良かったのか、冷えた身体を温めた後に再び冷えはじめたのか、「お兄ちゃん待って!出ちゃう!」と言ってきた。
一瞬何の事か分からなかったが、直ぐにオシッコの事だと分かり「いいよ、出しちゃっても」と言うと「え~ヤダぁ~」と言うが、本気で嫌なら自分が上に跨っているのだから、どうとでもなるだろうに、
何もしないでいると言う事は、まんざらでもないって事で「いいから出しちゃいな♪ほら!」
と言って俺は舌先を尿道口辺りにツンツンと押し付けた。
すると「あっ!だめっ!」と言った瞬間、チョロチョロ~と出始めたので、俺は口を開けて受け止め飲んでいたが、次第に激しくなりジョボー!っと勢い良く出たので全部は飲みきれず、殆どが溢れてしまった。
飲尿は初めての経験だったけど不思議と嫌な感じはしなかった。
むしろ妹のオシッコだと、そう思うと余計に興奮した。出し終わったのを確認し、舌先でペロペロと綺麗にしてあげた。
すると「いや~ん…恥ずかしい~…お兄ちゃんにオシッコ飲ませちゃったぁ~」
と股の間から覗きながら言ってきたので「結構美味しかったよ♪」と半分本気で言ってみたら、
「バカ♪」って可愛く言われた。スッキリした妹は「ねぇ、最後までしない?」と聞いてきた。
正直俺は嬉しかった。ここでフェラとクンニだけって言うのも後後悶々とするだけだしなぁ、と思っていたからである。
妹の申し出に「ゆ、由梨がしたいならいいぞ…」とちょっと上から目線的な言い方をして俺のが優位にいるみたいな感じで言ってみた。


すると「うんっ♪したい!」と力いっぱい返事をするので「ゴム無いけど、いいのか?」
と一応冷静な兄貴を装ってみたら「うん、大丈夫だから…そのまま」と言う妹の顔は、湯気のせいか恥ずかしさか頬が赤くなっていた様に見えた。
69の体勢のままだったので、由梨が向きを変え騎乗位の体位で繋がった。
「んっ!はぁ~ん♪お兄ちゃんの大きいかも♪」と嬉しい事を言ってくれる妹の顔を見ていると、顔を近づけてキスをしてきた。
軽く舌を絡ませてキスをした後、妹がゆっくりと腰を動かし始めてきた。
俺も数人と経験はあるが、由梨が特別気持ち良いと言う訳も無く、普通に気持ち良かった。
ただ生挿入って言うのを考えると特別の様な感じ方だった。妹も普通に喘ぎ、ただ浴室と言う事もあり声が響くので少し我慢していたのかもしれない…。
騎乗位で10分ほど繋がった後は正常位で合体!最後はバックでと思っていたのだが、
一度試したいと思っていた体位を実行する事に…それは立ちバック♪
今まで付き合った彼女達とは一度もやった事が無くて、何時も次のセックスではやるぞ、
と思っていると喧嘩別れしたりして、結局今まで一度も経験していなかったのである。
そこで妹に「由梨、一度立って向こう側向いてくれる」と指示すると「こう?」
と素直に言う事を聞いてくれた。
それから「そのまま前屈みになって手を壁に着いてみて」
と言うと言われるがまま、その体勢をしてくれた。早速右手でムスコを持って、由梨の穴に目掛けてロックオン!
そのまま一気に最深部へ!お~憧れの立ちバックだぁー!♪
と興奮しつつ腰をガンガン突きまくった。「あんっ♪あんっ♪スゴイ♪奥まで当ってるぅ~♪」
と由梨も御満悦だった。更に腰を動かすと由梨は何度か目の絶頂を迎えたが、
俺もそろそろだったので構わず突きまくった。
それが良かったのか、まずかったのか、由梨は足腰の力が抜けその場にへたり込みそうになったので、俺は寸前で抜く事が出来ず、
そのまま発射!へたり込んだ由梨を支えきれず結局最後は普通にバックの体勢になっていた。
最後の一滴まで絞り出す様に、俺は由梨の膣奥に精子を注いでいた。
慌てて抜いたものの時既に遅し…力尽きた由梨は洗い場のマットの上に横向きに寝そべった。
その股間からは白濁液が流れ出したので俺は指で掻き出しシャワーで洗い流した。
そして「ごめん…中に出しちゃった…」と言うと「いいよ♪」と微笑んで答えてくれた妹が、その時物凄く愛おしく思えて思わず、お姫様抱っこして湯船に入れて、直ぐに俺も入り後ろから抱きしめた。
「由梨、気持ち良かったよ」「うん♪私も良かった…」
少し冷えた身体をお互いに温め合い風呂を出た。二人で脱衣所に出て俺はパジャマを着たが、
着替えを用意していない由梨は、バスタオルを身体に巻いただけの格好で自分の部屋に、
戻ろうとしていたので「由梨、俺の部屋に来いよ温まってるから」と言うとコクンと頷いて、小走りに出て行った。
そして俺はその後を追う様に自分の部屋に戻った。
由梨はベッドに潜って俺の顔をジッと見ていたので、スパッと裸になるとベッドに潜った。
その日はベッドで二回中出しして由梨は自分の部屋に戻って行った。
その日から俺達は安全日限定でセックスするようになった。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。