セックスでは未だに激しく感じてくれる実の母

私は36歳の会社員です。10年前の3月、実の母親と関係を持ってしまいまし
た。
当時私は26歳、母は52歳で、妻が出産のため実家に帰っており、私の
身の回りの手伝いということで、母がちょくちょく家に泊まりに来て
くれていた時のことでした。
3月の中旬のある夜、私は仕事後に同僚と一杯飲んで、その帰りに自慰を
するためアダルトビデオを借りました。シャワーを浴びる前に抜いて
しまおうと、ほとんど全裸の状態でビデオを見ながらペニスを扱いていまし
た。



興奮はすぐに限界近くまで高まり、いつでも射精ができる状態で、
タイミングを計りながらせっせとペニスを扱いていた時、テレビのある
居間の隣の客間から、いきなり母が出てきました。
まさか泊まっているとは思わず、私は何の確認もしていませんでした。
突然だったこともありますが、服を全部脱いでいた私は隠すことも出来ず、
恥ずかしいところをまともに見られてしまいました。
母は狼狽したように「ご、ごめんなさい、」と言い、私はとりあえず
クッションでペニスを隠し、無言のまま母に背を向けました。
ものすごく恥ずかしくて消えてしまいたい状態でしたが、なんとか
「こっちこそ、ごめん」と言いました。母は私の後ろで立ちすくんで
いるようでしたが、母は私に近づいて後ろに座り、肩に手を乗せて
「ごめんね、母さん気がきかなくて」と言いました。私が返答する間も
なく、肩に乗った母の手がするすると動き、ペニスを隠しているクッション

滑り込んできました。「ちょ、ちょっと、まずいよ」と言うと、母は
「いいのよ、母さんは手伝いに来てるんだから」と言い、ペニスに触れて
きました。母は「ほら、これどけて」と言ってクッションを取ると、
本格的にペニスを扱き始めました。
どのくらい扱いていたかは分かりませんが、やがて私は我慢できなくなり、
母の手淫で射精してしまいました。母はその勢いに驚きの声をあげ、その
量を見て「こんなに我慢してたんだねぇ、ミキちゃん(妻の名)が戻るまで
母さんがしてあげるからね」と言いました。
それからは1日おきに母が泊まりに来ました。
汚れるからという理由で一緒に入浴し、母が手で抜いてくれました。
やがて手淫で時間がかかるようになると、口で奉仕してくれるようになり、
しかも口の中で射精させてくれるようになりました。
母は口中に射精される精液を吐き出すことをせず、全て飲み込んでくれまし
た。
妻にも精飲などしてもらったことがなかった私は、驚きつつも、快い悦びを
感じました。
そういう状態でしたから、最後の一線を越えてしまったのも、しょうがない
ことだったのかもしれません。
母と最初につながったのは風呂場でした。
その頃には母は色々な私の要求を受け入れてくれるようになっていて、
その時は後ろから母を抱き、胸を揉みながら母の身体にペニスを擦り付けて
いました。入れてしまいたいという思いが込み上げ、「…母さん、入れて
いい?」と聞きましたが、母は何も答えませんでした。
私は恐る恐る母のヴァギナに触れました。母は抵抗せず、それどころか
低く唸るように「おぉ…」と喘ぎました。母のそこは濡れており、私の
指をスムーズに受け入れました。母の膣内を指で感じると、もう我慢できま
せんでした。
私は「母さん、ごめん、ごめんね」と言うや、母のヴァギナにペニスの
先端を擦り付け、ゆっくり膣口に挿入してしまいました。母は苦しそうに
「ん、うぅ、」と声を出し、身体に力が入りました。
私は後ろから狂ったように腰を動かして激しいピストンを繰り返し、
我慢することも躊躇することもなく母の中に射精してしまったのです。
それからの日々、私と母は夫婦以上に、恋人以上に、貪るようにセックス
しました。禁断の関係であることが影響しているのか、妻とのセックスより
も快感が強く、どうしても止められませんでした。
母も同様だったようで、私の行為を止めることもなく、私とのセックスで
艶やかに悶え、喘ぎ、さすが年の功というか、絶妙に挿入感を得られる
タイミングで腰を動かしてくれました。
母との行為は妻が実家から戻る日まで、ほぼ毎日、2ヶ月以上も続きました。
それからも母との関係は少しずつ今でも続いており、月に1回~2回程度、
セックスしています。
母は既に62歳ですが、身体は52歳の当時とあまり変わりなく、そして今でも
大量に濡れますし、セックスでは未だに激しく感じてくれます。
もう10年も続いていますが、やはり母に深々と挿入する時には言いがたい
罪悪感が付きまといます。しかし同時に、他では得がたい快感も当時と
変わりありません。
母と子の禁忌、この快感を一度味わってしまうと、もはや通常のセックス
では決して満足できないということでしょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。