従弟の男の子とエッチな秘密の約束

私は専門校を出て、幼稚園で保母をしている26歳の独身女性です。

私って少年趣味があるのかしら。
近所の子でも、小学生の可愛い男の子がいると、つい目がいってしまうんです。
実は、今年のお正月に親戚の家に遊びに行った時の事です。
従弟の小学校6年生の祥くんと一緒にお風呂に入ったんです。
それで「身体洗ってあげる~」って、どさくさを装ってオチンチンを撫でたら、祥くんのオチンチンが見る見る大きくなってきたんです。



小学生でも大きくなるんですねー、びっくりしました。
すごーく可愛いの!大きくなっても、すっぽり手に収まるくらい・・・。
でも、ちっちゃかったけど、すっごい硬かったんです。

祥くんは、私に大きくなったオチンチンを見られて、めちゃめちゃ恥ずかしがってモジモジしてました。
大きくなったオチンチンはなかなか元に戻らないから、私も祥くんもお風呂から上がれなくって、どうしていいか困ってしまいました。

このままでは仕方がないので、「これは絶対に二人の秘密」って約束させて、私が小さくする魔法をかけてあげる事にしたんです。

まず祥くんを、風呂の淵に座らせて、目を閉じさせました。
祥くんの前に私が跪いて座り、最初はそっと人差し指と中指、それに親指でオチンチンを摘んで、ゆっくりとしごいてみました。

「お姉ちゃん、くすぐったいよ~・・・」

はじめ、祥くんは女の子みたいな声を出していたんですけど、そうしてる内に、だんだん祥くんの肩が上下に揺れ、ビクッと身体を震わせ始めました。
たぶん感じてるんだと思い、オチンチンをしごくスピードを早めてあげた途端、祥くんは身体をムズムズさせて今にも泣きそうな声をあげだしました。
私は、その場から立ち上がりもう一方の腕で、祥くんの肩を抱いて「大丈夫、怖くないから」と、言いながらオチンチンをしごき続けていたら、祥くんは体が痙攣した様に体を震わせ、「あーっ!!」と驚いたような声を出しながら、オチンチンから初めての精液をピューピューと放出したのでした。
私の手の平にも生暖かい精液のしずくが伝ってきました。
祥くんは肩で息をしながらぐったりしていました。

「どんな気分?」と聞いたら、「射精の一瞬は真っ白になってよく覚えてないけど、とても気持ちよかった」とのこと。

近いうち、またしてあげることを約束して別れたんですけど、5月の連休に遊びに行こうとしたら、祥くんのお父さんの都合で遠地に引っ越すんですって。
だから祥くんのオチンチンともお別れで、とても寂しい毎日です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。